言い出したら、きりがなくなりそうなくらい旦那に対しての愚痴はたくさんあるのですが、特に腹がたつことは「とにかくいちいち細かいことと、細かいわりに言葉の配慮が足りないこと」です。どういうことかというと、旦那は自分に余裕があるときは家事を手伝ってくれる優しい人です。

でも、その手伝ってくれる際に、とても細かくたとえば洗濯物を干すさいも、干しかたに順番があります。見た目もきれいに干したがりますし、こうやって干せばきれいだよとさりげなく伝えてきます。でもわたしは、毎日洗濯物があるわけなのでいちいち洗濯に30分くらいもかけている時間がありません。

そりゃ、たまにしか洗濯物を干さない旦那は多くの時間を使えるかもしれませんが、効率の問題で考えたらわたしのやりかたのほうがいいと思います。別に、旦那がどう干そうがわたしには関係ないのですがその干しかたを共有させようとしないでほしいなと思います。

また「洗濯物ありがとう」とわたしがお礼をいうと必ず「無言の威圧がすごかったからさ」などと、言わなくてもいいような余分な言葉をいつもつけてきます。その言葉がなければ、奥さんの仕事を手伝う素敵な旦那で終わるのになといつも思っています。

家事を手伝ってくれることは、心からありがたいと思っています。でも、会社でいったら家事の社長はわたしです。わたしのやり方にしたがって欲しいし、嫌みのような言葉を社長には言わないでほしいです。

今年の読売ジャイアンツは大きな期待を背負いながらの船出となりましたが善戦むなしくシーズンを2位で終了、そしてDeNAと対戦したクライマックスシリーズでも2勝1敗と惜しくも敗れてしまいました。

そして、ジャイアンツがシーズンが終了した後、チームを影で支えたスピードスターもユニフォームを脱ぐ事となりました。

ジャイアンツを支えた代走のスペシャリスト、鈴木尚広選手は、シーズン終了をもって約20年続いた現役生活に別れを告げる事となりました。今年も代走のスペシャリストとして好走塁を連発、盗塁10で失敗が0と言う成績でまだやれそうな気がするのに少し残念です。

鈴木選手は1996年のドラフトの下位指名でジャイアンツに入団、入団当初は足こそ目を見張るものがあったもののバッティングがプロの域に行かず、一軍に定着するまでにかなりの時間を要しました。

原辰徳監督がジャイアンツの監督に就任した2002年、その走塁を買われて一軍デビュー、そしてそのまま代走のスペシャリストとして一軍に定着し、その年の優勝と日本一に大きく貢献しました。

翌年の2003年からは走塁だけではなく、打撃にも磨きをかけて代走のみならず、時にはスタメンとして起用される機会も増えていきます。

長らく控えの選手としての起用が目立った鈴木選手でしたが原辰徳監督が二度目の就任となった2006年からは再び出場機会が増え、ジャイアンツがメークミラクルを達成した2008年には外野のレギュラーとして活躍し、キャリアハイの成績、特に盗塁は30盗塁を記録、その年のゴールデングラブ賞を獲得しました

即戦力の新人やFAで入団した選手等、毎年の様に顔触れが変わって行くジャイアンツにあって、代走や守備固め、また時には打者としても結果を残す選手として長い間一軍で活躍、昨年には成績を評価されて初のオールスター戦にも出場しました。

ジャイアンツの顔と呼ばれた選手が一人去るのは寂しい限りですが、今後の活躍に期待したいと思います。

いまさらながらこの間終わったリオオリンピック閉会式で披露された

2020年のTOKYOオリンピックのアピール動画を見ました!

いやはや、かっこいい。

なんだかいろんな人が全力を出して作ったみたいですね。

私の大好きな椎名林檎さんも…!

とにかく演出が細かい…!

安部さんがつけている時計も1964年の東京オリンピック開催年に発売されたやつらしいですね。

それに気づく時計好きな方もすごいですけど・・・笑

よーくよーく見てみるとルパンっぽい影もあるようなないような…!

光ってる四角いフレームのやつもすっごい綺麗だし

計算つくされてて本当に感動した。

一人で動画をみながらすげーすげーのオンパレードでした。

一番ツボにはまったのはやっぱりアベマリオ。

実はネットニュースとかでアベマリオのワードを見かけてはいたんだけど

まさか本当に安部首相がマリオになってるわけがないと思ってました…笑

動画をみて思わず「え?なにやってんの首相・・・」とつぶやくほど。笑

いったい誰が提案したんだろう。

きっと大真面目な会議で大真面目な顔した偉い人たちが決めたんだろうけど

その会議の様子を想像するだけでくすりとわらけてしまう。

そしてよく快諾したな首相。

どうやら世間では賛否両論なようですが私は確実に首相のことが好きになりました。

だって、首相が土管からコスプレしてでてくるんだよ…?

かなりおちゃめ。笑

それと思ったのはキャラクター系が結構出てたし

土管から人が出てくる、という一見意味不明な演出になんも説明なしに

全世界の人が「mario!!!」と通じるところがやっぱりさすが日本!って感じですね。

本当に知らない人いないんだな・・・。

海外でも日本のアニメやオタク文化が広まっていることは知っていましたが

今回で本当にすごいな日本の文化!って痛感しました。

でもなんで今これだけ話題になってるポケモンは出なかったんだろう・・・?

世界中でポケモンGOが爆発的人気な今、ピカチュウも入れてあげてほしかった。

絶対日本のアニメで一番認知度が高いのはポケモンですもの!!

とにもかくにも四年後のオリンピック。

俄然楽しみになってきましたね!!