小さい頃はパンにイチゴジャムをつけるのが好きだった。高校生になると、ブリーベリージャムとかマーマレードとか、ジャムの好みも、ひろがった。

大学生になると甘いものより、しょっぱいものや味の濃いものを選ぶようになった。トーストを焼く前にバターを塗ってニンニクの粉をかけて焼くのだ。

ニンニクは焼くと香りがして、それだけでうまい酒が飲めそうな位だ。

そして社会人になると、再び甘いものをパンに塗るようになった。

キナコをヨーグルトに入れて食べているので、キナコがいつも朝食の時はテーブルにあった。キナコをパンにふりかけ、砂糖をその上からふりかけて焼いた。かなりの美味しさだ。それにシナモンを加えるのも香りがしてたまらない。

黒糖のシロップをもらった時は、キナコの上にかけてみた。今のところ最高に美味い朝ごはんだ。